浅香山動物病院

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨大腎臓腫瘍の摘出

<<   作成日時 : 2012/01/12 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
巨大腎臓腫瘍の摘出症例。

9才の未不妊手術ネコが次第に腹囲が大きくなってきて、時々食べたものを吐くようになり,また食欲も余り示さなくなりました。触診で腹部の右寄りに楕円形の巨大な腫瘤が触知でき、レントゲン検査で右腎臓である事が判明しました。左腎臓は普通の大きさでした ($file1)。
血液検査ではクレアチニンが3.2と上昇し,尿素態窒素も高く腎臓の機能が中等度に損なわれていました。そこで腎臓造影を実施したところ、左腎臓はよく機能しているが右には造影剤の流れ込みが少なく殆ど機能していない事が判りました。腎臓は1個が健全であればクレアチニンや尿素態窒素は上昇しませんので、左腎臓も障害を受けていることがわかりました。超音波像では,右の巨大な腫瘍状の腎臓は超音波構造上は左とあまり変わりませんでした。右腎臓の摘出による一層の腎機能の低下が想定されますが、腹腔内に巨大な腫瘤が胃を強く圧迫して食べても吐き,食欲も低下している状況では生活の質は極めて悪く,そう長く生きてはいけません。飼い主とよく相談して摘出手術をすることになりました。
右腎臓は白く,表面は多数の血管が走行し、また後大静脈が腫瘤と密着して走行していました。腎臓腹面から摘出のための剥離を始めましたが,出血の制御がうまくいきません。そこで背面から分離を試みたところ殆ど出血もなく摘出できました($file2)。
手術時間はおよそ45分で無事終了しました($file3)。
今後は腎臓機能を監視し、尿の排泄を促進する必要があります。

画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
巨大腎臓腫瘍の摘出 浅香山動物病院/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/05 18:48
VISVIM サンダル
巨大腎臓腫瘍の摘出 浅香山動物病院/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 21:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巨大腎臓腫瘍の摘出 浅香山動物病院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる